お知らせ

2012.09.01 幼稚園連盟WEB対談


 
平成25年度 福岡市私立幼稚園連盟の園児募集広告キャラクターとなられた斉藤ふみさんが、幼稚園連盟の柿迫会長と幼稚園ついて対談されました。

 
柿迫斉藤さんのお子様は4月から幼稚園に入られるんですね。 
 
斉藤はい、幼稚園に入れたいと考えています。
分からないことも多いので今日はたくさん質問させてください。
  
柿迫分かりました。何でもお聞きください。
  
斉藤私自身は、子どもの頃保育園に預けられていたんです。 私達の時代では、預かり保育みたいな制度は充実してなかったということもあって、働いていた私の母親は保育園に預けるしか選択肢がなかったと思うんですよ。
でも今は、幼稚園でも預かり保育があるので、働いている私も子どもを幼稚園に預けたいんです。
  

 
柿迫ありがとうございます。
今では殆ど100%に近い園が預かり保育しています。
 
斉藤そして早朝も預かって頂けるんですよね。
 
柿迫はい。
一部の園では早朝も対応していますし、通常保育終了後に夕方の預かり保育をしています。共働きの家庭も増えて社会のニーズに応えるべく夏休みなどの長期休暇もお預かりしていますよ。
 
斉藤夏休みも預かって頂けるのはびっくりしました。
数年前だと幼稚園に子どもを預けている母親は、夏休みは無認可の預かり保育みたいな所にお預けしているという話はよく聞いていました。働く母親にとっては本当に助かります。
 
柿迫幼稚園としても当初は、長時間お子様をお預かりすることの是非について議論があったんですよ。ただ、保育園に入ることができない待機児童が増えているという背景もあって幼稚園も変化しています。
 

 
斉藤待機児童の問題もありますよね。
保育園に子どもを預けて仕事を探したいと思っていても、預け先が決まらずに、働くことができないケースもあるようですね。
 
柿迫そうですね。 
行政からも保育園が定員一杯の所が多いので幼稚園に保育時間の延長などの対応してほしいという依頼がありました。
今では預かり保育がありますので、行政の窓口で例えば『今の働き方だったら幼稚園でも預けられるんじゃないですか?』というような提案もしてもらっているんです。それぐらい保育園が一杯の状態だし、幼稚園の預かり保育など変化している部分をご存じないお母様も多いんです。
 
斉藤働いている私でも子どもに幼稚園を選択できるというのが嬉しいですし、時代の変化を感じます。
だからこそ、幼稚園をしっかりと選びたいのですが、どの幼稚園が良いでしょうか?
 
柿迫幼稚園は各園ごとに力を入れている点が異なるので一概には言えません。
例えば、音楽に力を入れている園、他にはスポーツ、英語、絵画、など各園で独自に取り組んでいます。また、園児の数が多い園、のんびり家庭的な園など特徴は様々です。
 
斉藤本当に色んな幼稚園がありそうですね。園選びも悩みそうです。
 
柿迫まずは保育内容や保育料、お弁当の有無、預かり保育の時間など調べて頂いて、候補の園を絞ると良いです。
お忙しいでしょうけど、候補の中から1つの園じゃなくて複数の園に足を運んで頂いて尋ねたい内容を直接質問するのが一番ですよ。ストレートに『どんな幼稚園ですか?』と聞いちゃうのも方法の一つです。
 
斉藤え(笑) 失礼じゃないですか?
 
柿迫気にせず何でも質問してみて下さい。その中から母親と子どものフィーリングで選んだ園がベストだと思います。
 

 
斉藤分かりました。 
それとお弁当の有無と言われましたが、園によって給食とお弁当の割合ってどんな感じなんですか?
 
柿迫そうですね。
週の内1回だけ家庭のお弁当という園もあれば、月1回の園もありますし、少数ですが毎日給食という園もあります。全体的には給食のケースが増えていますが、中には自園に厨房があって給食を提供している園もあります。
現在はアレルギーの問題もありますし、やっぱり食べ物は口に入れるものですから食事に対しては各園ともに注力しています。
 
斉藤給食で子どもの好き嫌いがある場合はどのような対応をされていますか?
 
柿迫子どもはやっぱり家庭では甘えが出ます。幼稚園では、苦手だと思い込んでいた食べ物でも周りのみんなが食べていると自分も食べてみようと思う場合もあります。また、先生が苦手な食べ物を小さくして、周りの園児が食べるのを応援する光景はよくあるものですよ。集団の力みたいなものがあるんですよ。
 
斉藤集団生活ならではですね。
 
柿迫たとえば、お母様から『きょうウチの子が幼稚園でピーマン食べたって喜んでたんですけど本当ですか?』というようなこともよく言われます。
家庭では選り好みして食べないものも、幼稚園では食べるチャンスがあると思って頂けると幸いです。
 
斉藤なるほど。
 
柿迫でもね、本当に子どもが好きなのはお母さんが作ったお弁当なんですよ。
 
斉藤やっぱりそうですよね。
でも仕事があるので毎日お弁当となると、、、、ちょっと大変です(笑)どんどん手抜きになっていきそうです(笑)周りのお母さんとかキャラ弁とかすごそうですもんね。
 

 
柿迫ハハハ。
確かにキャラ弁がすごいご家庭もありますね(笑) 
 
斉藤私は中学の頃など母親が作ってくれたお弁当だとかは覚えています。忙しかった母親ですが、お弁当を作ってくれてたんだと思うと私も頑張らないと(笑)
勉強についてはどうですか?幼稚園の英語教育について教えて下さい。
 
柿迫幼稚園は学校ですから教育とはいいますが、園児からすれば遊びですね。外人の先生と英語の歌を唄ったりゲームをしたり。そこから少しずつ吸収していきます。でもさすがに幼稚園の英語教育でペラペラになるのは難しいと思いますが。
 
斉藤ただ子どもの吸収力はすごいから幼稚園児の頃から英語を勉強することは絶対にいいですよね。日本語を喋れるようになることだけでもすごいんですから。
 
柿迫そうですね。
大人とは違いネイティブな発音をすることや間違うことに対して照れや恥ずかしさがないので、間違っても平気だし、発音がキレイだったりする。外人の先生に対して、子ども達は全く抵抗なく『ヘイ!』とか言ってますよ(笑)
 

 
斉藤子どもって良いですね。私も子どものころから英語の勉強したかったなー。私は日本語と博多弁しか話せないですもん(笑)
それとママ友っていうんですか?お母さん同士のお付き合いも楽しみです。
 
柿迫そうですね。
同じ歳のお子様をお持ちということでお子様が在園中はもちろん、卒園した後も貴重な相談相手になるでしょうね。家庭のことや仕事と子育ての両立のことなど相談できる仲間づくりができると思います。
 
斉藤それはとても心強いです。
私は仕事を沢山してきたし、これからもそうしたいという想いがあります。それでも子どもには手を掛けてやりたい。そういった面でも幼稚園の預かり保育には本当に助けられます。
 
柿迫子どもと接する時間は、量より質だと思うんですよ。もちろん長い時間を掛けることも大切ですが、親も生き甲斐を持つことは大切です。 
お母様方の中には家庭で子育てに専念される方もいらっしゃれば、仕事やキャリアにやり甲斐を持った方もいらっしゃる。幼稚園はそれぞれのスタイルを後押しできる存在でありたいですね。
 
斉藤はい。
幼稚園はママにとって最強のパートナーですね。
 
柿迫はい、ありがとうございます。
子どもの幼稚園での成長は、ご両親にとってもかけがえのない思い出になると思いますよ。是非、斉藤さんもお子様と御一緒に幼稚園ライフを楽しんでください。
 
斉藤そうですね。何だか子どもの入園が楽しみになってきました。
今日は本当にありがとうございました。
 

ページトップへ